小型移動式クレーンの定期自主検査 | UNIC・点検

ユニック製ラジコン

年次点検

デジタル式荷重計

標準仕様でデジタル式荷重計が付いています。画像は0.56tを表示していますが、吊り荷を動かすと数値も変動して表示されます。リアルタイムで把握できるようになっており、表示単位は20kg毎です。

巻き上げウインチのオイル油量
巻き上げウインチのギアオイルの油量と劣化状況の点検をします。
オイルタンクに入り込む空気は常時ごみや水分を含み、また作動時はどうしても摩擦粉を発生します。定期的な交換が必要な箇所です。

巻き上げウインチオイル廃油

ギアオイルの抜き取り。ドロドロではありませんが、予想以上に汚れている印象です。

巻き上げウインチオイル充填

新しいオイルを概ね1.2L給油します。色の違いが微妙な感じですが若干透明感があります。

旋回装置

旋回装置の旋回ギヤ、ベアリング、ターンテーブル等の作動状態、異音、油漏れの点検。

操作レバーグリスアップ

コントロールバルブ。各操作レバーの操作具合、油漏れ、リリーフ弁の設定圧等の点検及びグリスアップ。

クレーンワイヤロープ

ワイヤロープの点検。型崩れ、腐食、キンク(曲がり、もつれ、よじれ)の点検。
ワイヤロープの乱巻き戻し調整。スライドシーブ(滑車)に給油。
Point!
乱巻きのまま使用していると、ワイヤロープが損傷及び素線切れの原因となり、最悪は切断する可能性があり大変危険です。

 

年次点検_令和2年度

荷台の損傷が激しくなったため、縞鋼板 SS400 t=2.3 を施工。荷台上は滑りやすく転倒防止対策に効果を発揮します。

クレーン車荷台後方施工前
Before_1
クレーン車荷台後方施工後
After_1
クレーン車荷台右前方施工前
Before_2
クレーン車荷台右前方施工後
After_2
クレーン車荷台右後方施工前
Before_3
クレーン車荷台右後方施工後
After_3
クレーン車荷台左後方損傷箇所施工前
Before_4
クレーン車荷台損傷箇所施工前
Before_5
クレーン車荷台右後方施工後
After_4
クレーン車荷台右後方施工後
After_5

 

年次点検_令和2年度メンテナンスシート

毎年年次点検終了後メンテナンス報告書が送付されてきますが、今回一部公開してみました。
日頃の安全作業を支える大事な点検ですので皆様のご参考になればと思います。
ちなみに、この「素晴らしい笑顔」は、「無料サービス中」とのことです。某ハンバーガーチェーンのようですね ww

クレーン車メンテナンスシート

小型移動式クレーン ❘ 年次自主検査記録簿

小型移動式クレーンユニック年次点検明細シート

処置方法
点検 交換 × 調整 A 清掃 C
分解 修理 締付 T 給油 L

※給油の「L」は、英語でlubricationで機械に潤滑油をさすことの意味のようです。

クレーン各部の名称

クレーン各部の名称
出典:古河ユニック株式会社架装物解体マニュアル

作業灯配線部分脱落修理

クレーン車作業灯配線部分施行前クレーン車作業灯配線部分施工前クレーン車作業灯配線部分施工前

ブーム上部に作業灯用の電源線が配線されています。
今回この配線を留めるクリップ「配線留め・ピタック」が脱落し、固定されなくなり、垂れ下がった状態になりました。
この部品は主に「外付けコードリール」の配線留め用途に使用されるようです。
普段は気付きにくい箇所かと思いますのでこれからは確認していきたいと思います。
まずは大事に至らず安心しました。

クレーン車作業灯配線部分施行後クレーン車作業灯配線部分施行後

コードリール豚の鼻

この記事を作成中あることに気付きました。この部品なんだ?気になる!

どうしてこんな「形状」してるんだ、なんのために?

ユーザーには、さっぱりわかりません。

今日はここまでにして、次回調査後アップロードします。