デジタル式荷重計

View this image in a larger size

標準仕様でデジタル式荷重計が付いています。
画像は0.56tを表示していますが、吊り荷を動かすと数値も変動して表示されます。リアルタイムで把握できるようになっており、表示単位は20kg毎です。

巻き上げウインチのオイル油量

View this image in a larger size

巻き上げウインチのギアオイルの油量と劣化状況の点検をします。
オイルタンクに入り込む空気は常時ごみや水分を含み、また作動時はどうしても摩擦粉を発生します。定期的な交換が必要な箇所です。

巻き上げウインチオイル廃油

View this image in a larger size

ギアオイルの抜き取り。ドロドロではありませんが、予想以上に汚れている印象です。

巻き上げウインチオイル充填

View this image in a larger size

新しいオイルを概ね1.2L給油します。色の違いが微妙な感じですが若干透明感があります。

旋回装置

View this image in a larger size

旋回装置の旋回ギヤ、ベアリング、ターンテーブル等の作動状態、異音、油漏れの点検。

操作レバーグリスアップ

View this image in a larger size

コントロールバルブ。各操作レバーの操作具合、油漏れ、リリーフ弁の設定圧等の点検及びグリスアップ。

クレーンワイヤロープ

View this image in a larger size

ワイヤロープの点検。型崩れ、腐食、キンク(曲がり、もつれ、よじれ)の点検。
ワイヤロープの乱巻き戻し調整。スライドシーブ(滑車)に給油。
 
Point!
乱巻きのまま使用していると、ワイヤロープが損傷及び素線切れの原因となり、最悪は切断する可能性があり大変危険です。

荷重試験

View this image in a larger size

年次自主検査では、「荷重試験」の項目があります。
(月例自主検査では点検項目に含まれておりません。)
この時は 0.5ton(500kg)のコンクリートブロックを実際に吊り上げたまま数分間保持。地面からの距離を測定し「自然沈下」が起こらないかを点検。デリックシリンダとブームの異常を視覚的に確認できます。

荷重試験自然沈下

View this image in a larger size

アウトリガシリンダーの「自然沈下」を点検。

Point!
この「自然沈下」の点検は、日々の「日常点検」でも確認できる点検項目です。
荷重試験を行う際は、ある程度の重量物でないと「乱巻き」の要因となりますのでご注意下さい。なお、異常が発見されたあるいは疑いのある場合は直ちに各サービスセンター様へご相談が一番です。